こんにちは。

院長の佐々木です。

今回は肩こりの改善方法。

それもデスクワーク中の座ったままで出来る、簡単な方法です。

簡単と言っても、驚くことなかれ、その効果は結構なものです。

肩こりにお悩みの方は読んだら今すぐにお試しくださいませ^^

 

固まった姿勢からの解放

デスクワークで動かすところと言ったら、どこでしょう。

ざっと上げると、目、指、、、、あれ?

他に思いつくところはありますか?

少し首を動かしたり、ものを取ろうとして腕を動かしたりするくらいでほとんど動いていませんね。

パソコンの画面に集中して少し顔を前に出して、

手のひらを下にして指のみを素早く使い、

椅子にもたれ気味に座って、足首を組んでみたり。

どうですか?

実はこれ、このブログを書いている今の僕の姿勢です。

このままずっとこの姿勢を続けていたら、肩がこって当然ですよね。

全く動かさないというのは、ずっと力が入っているということ。

そんなことをしていたら筋肉に乳酸が溜まりまくりで、かちんこちんになってしまいます。

しかし、こんな風に固まってしまった姿勢はこんな事をしてあげるだけで、肩こりはとても楽になるんですよ。

 

姿勢とは逆に伸ばす

ポイントはとっている姿勢とは逆の方向に体を伸ばすという事。

顔が前に出てますね。 顎を引きましょう。

少し下を向いていますね。 上を向きましょう。

手のひらが下を向いていますね。 上を向けましょう。

肘が曲がっていますね。 伸ばしましょう。

背中が丸まっていますね。 胸を張りましょう。

腰が丸まっていますね。 腰を伸ばしましょう。

こんな風に、固まってしまった姿勢とは逆の方向に体を伸ばしてあげるんです。

動画でもお話ししていますので、どうぞご覧ください。

前置きが長いので1:30くらいまで飛ばしてください💦

 

注意点

このように書いてしまうと、まじめな方は、

「そうか、デスクワークの時の姿勢が悪いんだから、もっと姿勢を良くしてデスクワークをしないと」

なんて思いがちです。

接骨院や整形外科でも言われるかもしれませんね。

「猫背にならないように姿勢を良くすると肩こりになりませんよ」

無理やっちゅうねん...。

やってみたらわかりますが、いわゆる、良い姿勢って大変なんです。

背筋を伸ばして、いわゆる良い姿勢のままデスクワークをするなんて滅茶苦茶しんどいです。

そのしんどさが、かえってあなたの仕事の質や仕事量を落としてしまうことも考えられます。

逆に言えば、仕事を的確に早くこなすにはその丸まった姿勢は必要という事も言えます。

その姿勢はデスクワークに集中するために、あなたが自然に選んだ姿勢と言っても良いのかもしれません。

しかし、やはりそのままでは体に悪影響を残してしまいます。

僕はこう見えて、小さい頃はバイオリンをやっていました。

プッとふかないように(笑)

バイオリンを弾く弓って分かりますか?

キーコキーコやるあれです。

あれは馬の尻尾で出来ていて、弾くときはピンと張らせて緊張させて、弾かないときは緩めてだらっとさせておきます。

ピンと張ったままだとすぐに傷んでしまいます。

弦にも同じことが言えます。

人間の体も同じような事が言えるんですね。

やるときはそれに適した姿勢、動作を行い、休ませるときはそれに適した姿勢になる。

どちらかに偏らないで、やるときはやって休む時は休む。

肩こりに関してはこんな方法も取り入れて、あなたの体をリセットしてみてください^^

固まってしまった肩こりをリセットしてしっかりと治したい方は、こちらをどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ご予約はこちら