野球肘

野球肘とは

主に野球などでボールを投げる際に出る肘の痛み。 好ましくない投球フォーム、投げ過ぎなどで痛みが出る。

野球肘は痛みの出る場所によって、内側型と外側型に分けられる。

症状

○内側型・・・肘の内側に痛みが出るタイプで、多くは内側上顆と言われる骨に
       付着する筋肉の付着部炎です。
       肘の内側には靭帯も存在するため、靭帯損傷の可能性もありま
       す。付着部炎が酷くなると内側上顆の剥離骨折に至るケースも
       あります。



○外側型・・・肘の外側に痛みが出るタイプで、軟骨障害が疑われます。外側
       型は内側型よりも重篤な場合が多く、酷い場合は手術、投球側
       の交換が行われることもあります。

処置

投球の制限、炎症が強い場合はアイシングを行います。症状が軽くなってきたら
筋肉の付着部炎の場合は前腕の屈筋群のストレッチを行います。
外側型で痛みが強い場合はレントゲン、エコー、MRI検査を受けたほうが良いでしょう。

当院の治療

ハイチャージエレサスを使用して患部の痛みを軽減、消失させます。

痛みの原因である前腕、肩、肩甲骨周りのコンディションを整え痛みが再発しないように投球フォームの指導をします。


       

お気軽にお問い合わせください TEL 0532-39-7422 受付時間 平日8:30~12:00 16:00~20:00
土曜8:30~14:00 休診日/日曜祝日
完全予約制 駐車場完備

LINE 佐々木接骨院オフィシャルアカウント

LINE 佐々木接骨院オフィシャルアカウント

こちらからでもご予約可能です。お問い合わせ、ご相談もこちらにどうぞ。
ID検索の場合は、@dju1316f で検索してくださいませ。

ブログ

柔道整復師こそスポーツの現場に立つべきその理由。

佐々木接骨院院長、SASAKI STRENGTH & CONDITIONING代表の佐々木です。 寒暖の差が激しく、体調を崩しやすい気候が続いています。 上着を着たり、半袖になったり衣服の調節が難しいですね。   …

どうしても知って欲しい、当院のケガ治療の現実

  どうも、佐々木接骨院院長、SASAKI STRENGTH & CONDITIONING代表の佐々木です。   今回のブログはもう、どうしても皆さんにお伝えしたくなって、居ても立っても居られなくなって書いてます …

長時間のデスクワークが腰痛の原因と言えるその理由と、座ったままできる改善方法

  四月も半ばでだいぶ暖かくなりましたね。 半袖でも平気な日もありますが、衣服の選択に迷うこの時期。 上手に調整して、体調を崩さないように気を付けてくださいね。   リモートでの仕事が定着してきた感のある現在ですが、お仕 …

子供の成長期に行うストレッチ体操は危険な理由

佐々木接骨院院長、SASAKI STRENGTH & CONDETIONING代表の佐々木です。 暖かくなったと思ったら、結構寒い日も続きますね。 先日の雨でも桜は頑張って咲いているようです。 今週のどこかでお花 …

翌日に筋肉痛にならないための、トレーニング後の鉄板ルーティーンとは その2

佐々木接骨院院長、SASAKI STRENGTH & CONDITIONING代表の佐々木です。 今日も良い天気の豊橋市です。 患者さんのお話では梅の花は完全に散ってしまったとの事で、あとは桜が咲くのを待つのみで …

  • facebook

PAGETOP
Copyright © 佐々木接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.