野球肘とは

主に野球などでボールを投げる際に出る肘の痛み。 好ましくない投球フォーム、投げ過ぎなどで痛みが出る。

野球肘は痛みの出る場所によって、内側型と外側型に分けられる。

症状

○内側型・・・肘の内側に痛みが出るタイプで、多くは内側上顆と言われる骨に
       付着する筋肉の付着部炎です。
       肘の内側には靭帯も存在するため、靭帯損傷の可能性もありま
       す。付着部炎が酷くなると内側上顆の剥離骨折に至るケースも
       あります。



○外側型・・・肘の外側に痛みが出るタイプで、軟骨障害が疑われます。外側
       型は内側型よりも重篤な場合が多く、酷い場合は手術、投球側
       の交換が行われることもあります。

処置

投球の制限、炎症が強い場合はアイシングを行います。症状が軽くなってきたら
筋肉の付着部炎の場合は前腕の屈筋群のストレッチを行います。
外側型で痛みが強い場合はレントゲン、エコー、MRI検査を受けたほうが良いでしょう。

当院の治療

ハイチャージエレサスを使用して患部の痛みを軽減、消失させます。

痛みの原因である前腕、肩、肩甲骨周りのコンディションを整え痛みが再発しないように投球フォームの指導をします。

ご予約はこちら

お電話でのご予約 電話番号 0532-39-7422 ・お電話でのご予約は、なるべく受付時間内にお願い致します。留守電の際にはメッセージをお入れください。こちらから折り返し…