膝をつま先より前に出さないスクワットの弊害

 

佐々木接骨院院長、SASAKI STRENGTH & CONDITIONING代表の佐々木です。

 

 

皆さん、スクワットと言うトレーニングは知っていますよね。

 

キングオブトレーニングなんて別名もあったりするくらいのトレーニングの代名詞ともいえる種目ですね。

 

トレーニング番付で言えば横綱クラスのスクワットですが、そんな重要なトレーニングが、かなり前から間違った解釈がされ、それが広く認知されるようになってしまっています。

 

当院の患者さん、クライアントさんからもよく聞かれるこの間違った解釈。

 

今回のブログでしっかりと改めていきたいと思います。

 

膝を前に出さない

 

その間違った解釈とは、膝を前に出さない、と言うもの。

 

厳密にいうと、膝をつま先より前に出さない、と言う解釈です。

 

それを肯定する大きな理由は、膝を痛めないようにする、というものです。

 

実際によくみられる形はこんな感じ。

 

 

お尻を後ろに突き出して、上体が前に倒れる姿勢です。

 

膝をつま先より前に出さない、と言う意識を持つと、自然とこんな感じになります。

 

エガちゃんの江頭アタックそのままですね(笑)

 

この形が全てダメと言うわけではありません。

 

これが正しいスクワットとして認識されている事に問題があるのです。

 

これは一つのバリエーションとしてとらえ、この形に固執しないことが重要です。

 

それではこのスクワットのメリット、デメリットを紹介していきます。

 

メリット

 

①ヒップ、ハムが鍛えられる。

見て分かるようにお尻を後ろに突き出して、上体が前に倒れてる格好は股関節がしっかりと曲がって   いる状態になります。

ここから立ち上がると股関節が大きく伸展されます。

しゃがんだ時にお尻と太もも裏の筋肉がしっかりと伸ばされ、立ち上がりで強く収縮します。

ヒップヒンジと言う、骨盤の前傾を伴った動作が出来るようになるのも一つのメリットです。

ヒップ、ハムを強調して鍛えたい場合は一つのバリエーションとして有効ですね。

 

②膝を痛めない

確かにこれは言えない事はありません。 だって膝を曲げてないから(笑)

角度的にも90度も曲げていないので、膝への負担は軽いです。

しかし、この負担の軽さはこの後お話するデメリットに繋がっていきます。

 

デメリット

 

①腰への負担が強い

上体が強く前傾するため、それを支える背筋郡、特に腰への負担が大きくなります。自重のみではさほどの負担にはなりませんが、バーベルを担ぐと負担は増大され腰を痛める危険性が高くなります。

この場合、よく見られるのはバーベルを肩甲骨辺りに下げた位置で支えるローバースクワットです。

下げたほうがバーベルから腰までのモーメントが短くなり、負担が軽くなります。

言い換えればこの形のスクワットを行うのであれば、バーベルをローバーの位置で支えるのが前提条件と言えます。

 

②トリプルエクステンションの欠如

正確な効果的なスクワットは、トリプルエクステンションが動作の中に存在します。

股関節、膝関節、足関節が同時に伸びる、スクワットのフィニッシュ時の理想的な形です。

これが江頭アタックでは、股関節のみが強調されて、他の関節との連携がありません。

股関節のみに強調した目的だとしたら妥当性がありますが、動作を改善する目的には不十分です。

 

③膝関節周囲筋の弱化

これがメリットの裏側の部分になります。 膝に負担がかからないと言うのは、膝を使っていないから。 そうなると膝周囲の筋肉は筋力、筋量ともに低下してしまいます。

逆にこの低下が膝痛を招いてしまう恐れもあります。 実際に当院の患者さんでもいらっしゃいました。

負担がかからないように膝を使う事が一番望ましいスクワットの形です。

 

理想的なスクワット姿勢

 

重心 土踏まず付近。目的によって各フェーズで前後に移動する。

 

足幅 腰幅より少し広いくらい。つま先は十時十分、十一時位分辺りの方向。

 

目線 まっすぐ前を見る

 

しゃがむ 

椅子に腰かけるように、上体を前傾させずに目線は前を見て、腹圧を高めてしゃがんでいく。

 

ボトム

シンアングル(すねの角度)と上体の角度はほぼ同じにする。

太もも前が地面と平行になるまでしゃがむ。(ハーフスクワットの場合)

 

立ち上がり

目線を変えず、上体を真っすぐに保ちながら立ち上がる。 この時、トリプルエクステンションを意識する。

とは言え、正確な姿勢でしゃがむことが出来ていれば、立ち上がるときに自然とトリプルエクステンションが出来ている事が多い。

 

動画でもご確認ください。

 

まとめ

 

お尻、ハムストリングスを鍛えるために、一つのバリエーションとして江頭アタックはとても有効です。

しかし、これを正しいスクワットとして取り組んでしまうと、以上のようなデメリットが出て来てしまいます。

 

大きな問題は指導する側が、これを正しいスクワットとして伝えている事です。

 

このブログを読まれた方はどうぞ、十分にトレーニングに対してのリテラシーを持って取り組んでもらえたらと思います。

 

当院では正しいトレーニング指導をしております。

 

トレーニングで体を変えたい方、トレーニングに興味のある方はどうぞご連絡くださいませ。

 

パーソナルトレーニングをご希望の方は当院のLINEオフィシャルアカウントにご予約頂くと、事前にお問い合わせもLINEで出来ますので大変便利です。

https://page.line.me/dju1316f?openQrModal=true

 

こちらからもご予約可能です。

ご予約はこちら

お電話でのご予約 電話番号 0532-39-7422 ・お電話でのご予約は、なるべく受付時間内にお願い致します。留守電の際にはメッセージをお入れください。こちらから折り返し…

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。