こんにちは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

今朝は涼しい朝でしたね!

 

洗濯も快適でした。

 

そんな朝は朝御飯も美味しいですね。

 

ウチの食卓は朝から賑やかです(笑)

 

【三人目の犯人】

肩こりの隠れた犯人を暴く その3として今日はこんな筋肉の対処法をご紹介します。

 

斜角筋。

 

聞きなれない筋肉ですよね。

 

首にあり、前、中、後ろと三つに分かれており、筋肉の間を神経の束が通っています。

 

ここも呼吸の際は副呼吸筋として働きます。

しかし、それはあくまでも副です。

 

本来は横隔膜をしっかりと使った呼吸が理想なのですが、それが出来ないと斜角筋などが過剰に働いてしまい、疲弊し筋肉の動きを悪くしてしまいます。

 

そんな時はこんな対処法をしてみて下さい。

 

【斜角筋のストレッチ】

①鎖骨のすぐ上を指で押さえます。

 

②ゆっくり斜め後ろに頭を倒していきます。

 

③倒す角度を少し変えつつ、20秒~30秒行います。

 

終わったら呼吸してみて下さい。

楽に呼吸が出来るのを感じられると思います。

 

【まとめ】

斜角筋は手の痺れなどにもとても関与しています。

首にある小さな筋肉なので、伸ばす際にも強い力は必要ありません。

ゆっくり伸ばして、ケアしてください。