こんにちは。

 

朝からいい気分の院長の佐々木です(笑)

 

なんで気分が良いかって言うとですね。

 

洗濯機が直ったんです!

 

ずっと調子が悪く、洗濯担当としてはとてもヤキモキしてたんです。

 

原因は排水のつまり。

 

薬品を排水溝に流し込んだら、一発で解消!

 

これで毎朝の洗濯もはかどります!

 

 

話は変わりまして、今日のテーマは美ボディ。

 

30代、40代になって来ると余分な脂肪が付き始め、若い頃とは体のラインが変わってしまいますよね。

 

一番のお悩みはやはりお腹ではないでしょうか?

 

スリムにキュッと締まったお腹は皆さん憧れますよね。

 

 

自分の話で恐縮ですが、ここ最近結構な人から、「痩せた?」って言われます。

 

「全然変わってないですよ、むしろ重くなってます。」

 

と言ってます。

 

本当にそうで、トレーニングで扱う重さも重くなり、体のアウトラインは大きくなっていると思います。

 

では、なぜいろんな人から痩せた?といわれたのか。

 

原因はお腹だったんです。

 

お腹に対する刺激を通常の腹筋から変えてあげる事で、少し締まった状態になりました。

 

現在84キロ。

 

身長168センチなので、数字だけ見たら肥満です💦

 

一応、以前は見られなかった腹筋も割れています。

 

少し締まったことで、周りからは痩せたと思われたみたいです。

 

僕が行った腹筋トレーニングとは何かと言うと…。

 

コアアクティベーション。

 

アクティベーション=活性化

 

お腹の筋肉を活性化することです。

 

今はプランク(四つん這い)、ドローイン(お腹を引っ込める)などお腹周りに特化したトレーニングはいろいろありますが、僕が行ったのはこのコアアクティベーション。

 

やり方は簡単。

 

上向きで両手を上げて寝ます。

 

息を吸って、ゆっくり吐いた時におへそを背中へ近づけていく感じでギュッと凹まします。

 

そのままお腹の力は入れたまま呼吸は止めないようにます。これを30秒。

 

この30秒間はお腹の力を緩めないようにしましょう。

 

この時、腰は浮かさないようにベッドに押し付けるようにしましょう。

 

アクティベーションが上手になると腹筋が攣るくらい力が入るようになります。

攣った時は無理しないでくださいね。

 

30秒頑張って20秒休憩。

 

これを出来たら10セット。

 

これが身につくと普段からお腹に自然と力が入るようになり、姿勢も良くなり、腰痛予防などの効果も期待できます。

 

初めは3セットくらいから始めてみましょう。 週に三回くらいから。

 

自然とお腹が引き締まってきますよ。