今日は肘の外側がキリキリ痛む時の対処法をお伝えしたいと思います。

病院や接骨院などに行って、肘の外側が痛いと伝えると「テニス肘ですね」

なんて言われる事が多いと思います。

「テニス肘???テニスなんかやってないのに...。」

と思われるかもしれませんが、これはテニス選手がバックハンドでボールを打つ際に、肘の外側を良く痛めるためにテニス肘と言う名前が付いただけです。

実際には手をよく使うお仕事、スポーツをされる方に多い疾患ですね。

当院にもご職業としては板前さん、スーパーレジ、パソコン仕事、保育士さんなど多岐にわたっていらっしゃいます。


このテニス肘。

痛くなると結構厄介なんです。

そのまま放置しておくとなかなか痛みが抜けません。

そのうち仕事以外にも支障が出てきたりします。

前に来られた患者さんは、「釣りでリールを巻く時に痛い」なんておっしゃってました。

テニス肘は初期にしっかり処置をすれば、長引かずに痛みを改善する事が出来ます。

動画で自分で出来る簡単な対処法をご紹介していますので、是非ご覧ください。

このようにしっかりストレッチすることで改善が可能です。

一度なってしまった方は、その仕事内容などに原因がありますので、痛くなくてもこのストレッチを習慣にすることをおススメします。

是非今日から始めてみて下さいね!

佐々木接骨院
治療のご予約はこちら。
電話番号 0532-39-7422  完全予約制
LINE@からでもご予約できます。