やはり、と言ったニュースを先日聞きました。

インターハイ中止。

全国高校総体と言って夏に行われる、高校生の競技の全国大会です。

これを目標に頑張ってきた高校生も多いと思います。

3年生は最後のインターハイとして晴れ舞台を夢見て努力を積み重ねてきた事でしょう。

特に進学校の選手は、夏以降は学業に専念するためにこれが引退試合となっていたであろうと思います。

本当に悔しくて悔しくてしょうがないと思います。

勝っても負けても結果が出て終わることが出来るなら、納得がいくというもの。

結果を出す機会さえも奪われたその気持ちは、本当に無念な思いでしょう。

これで競技を止めてしまう子もいると思います。

仲間と楽しく続ける子もいると思います。

進学、就職して新たなステージで頑張る子もいると思います。

高校を30年前に卒業したオッサンの戯言ですが、少しだけ聞いてやってください。

30年経ってもね。高校生の時の思い出は鮮明に思い出せるんですよ。

学校のグランド、親が呼び出された教室、好きな子と通学した通学路(見事撃沈笑)

今は辛くて悲しい、悔しい気持ちでいっぱいだと思うけど、今のかけがえのない時間をどうか無駄にしないで、また前を向いて行ってもらえたらと思います。

そのためには今はゆっくり休んでもいいし、勉強に切り替えられる子はしてもいいし、同じ3年生で集まりたい子は集まってもいいし。

何かうまく伝えられないけど、とにかく今は自分の気持ちを大切にして過ごしてもらえたらと思います。

30年後に後悔するのではなく、「あんな事もあったな」と振り返られるような今だから出来る素敵な時間を過ごして欲しいと思います。

書いていて自分でも良くわからない文章になってしまいした💦

 

高校3年生のみんな、今を大切にして先ずはゆっくり休んでください。

あっ、休みたくなかったら休まなくてもいいからね^^