こんにちは。

佐々木接骨院、院長の佐々木です。

コロナウイルスが世界を席巻していますね。

オリンピックはどうなるのでしょうか。

延期するのか開催するのか、どちらにしても選手にとっては早く決定して欲しい所だと思います。

僕自身は延期もありかな?と思っています。

 

今回のブログは猫背改善のための三つ目のストレッチをご紹介します。

胸、首と来て最後は背中になります。

 

広背筋のストレッチ

上半身で最大の広背筋は猫背にも大きな影響を及ぼします。

腕から骨盤までを繋ぐ広背筋が硬く、短くなってしまうと体を丸めてしまう事を助長して、綺麗な姿勢を維持する事が出来ません。

この広背筋をストレッチする方法はいろいろあるのですが、僕がお勧めするのはこんな方法です。

 

広背筋のストレッチのやり方

①四つん這いになります。

②伸ばしたい方の手を前に出して、親指を上にして小指を付けます。

③脇の下を床に近づけるようにして体を沈めて行きます。

脇の下から骨盤にかけてストレッチ感を感じたら成功です。

 

同じように30秒を2~3セット行ってください。

 

まとめ

広背筋は腰痛や肩の障害にも深く関わってきます。

ここのコンディションを整える事で、猫背だけでなくいろいろな痛みも改善できますよ。

これでストレッチのシリーズはひとまず終了して、次回からはまた運動をご紹介します。

どうぞお読みくださいませ^^

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました^^

ご予約はこちら

佐々木接骨院では治療と運動を併せて行い、早期回復と再発しない体を目指しています。