肩を痛めた高校ラグビー選手の治療

こんばんは。

トンカツの衣は粗目が好きな院長の佐々木です。

最近、試合にどうしても間に合わせたい高校ラグビー選手の治療を行っています。

肩を痛めて、コンタクトやボールを投げるのが痛いとの事。

普通に肩を動かすのも痛そうです。

肩の関節は良く動くかわりにとても繊細です。

少しの不具合があるだけで痛みが出てしまいます。

十分に治療前の問診、視診、触診を行い、身長に治療を行いました。

亜脱臼

彼の関節を診てみるとどうも少し動きがおかしいようなので、これは骨の位置に問題があるように思いました。

いわゆる、亜脱臼という状態です。

完全には外れていませんが、少し外れて引っかかりなどがある状態です。

少し肩を引っ張って関節を正しい位置に戻しました。

肘、手の影響

肩の痛みは肘や手も関係します。

詳しくは書けませんが、肘と手の甲を調整したらさらに動きの改善が見られました。

筋力低下

3カ月ほど痛みに悩まされてきたとの事なので、無意識に肩を庇っていたと思います。

そのせいで肩回りの筋力がかなり落ちていました。

左右を比べるとはっきりとわかる差に本人も驚いていました。

これはピンポイントで筋肉を鍛えてあげるとすぐに肩の動きの改善に結び付きました。

試合前

3回の治療で状態でかなり調子は良くなりました。

明日、大事な試合があります。

彼の写真や学校は載せられません。

もし相手チームに知られたら、狙われるかもしれませんからね。

精いっぱい頑張って良いプレーが出来たらと思います。

明日は僕も見に行けたら行ってきます。

勝つために頑張っている姿を見ると、なんだかとても羨ましい感じがします。

佐々木接骨院
治療のご予約はこちら。
電話番号 0532-39-7422  完全予約制
LINE@からでもご予約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。