捻挫してない、ぶつけてもいない、でも痛い場合はこんな事を疑う

こんばんは。

なかなか暑くならない豊橋市です。

例年今の時期はもう半袖なのですが、まだ脱ぐことが出来ません。

暑がりの僕にとっては好都合ですが、そろそろ半袖で外を歩きたいなぁ、なんて思います。

以前足首の痛みで来院された患者さんでこんなケースの事がありました。

知っておいてもらうと良いかと思いシェアさせて頂きます。

何もしてない

この患者さんの訴えは足首付近の痛み。

腫れは無く、触ると痛い。

明らかに捻挫や打撲の様子と違いました。

お伺いしたところ、ぶつけた覚えもなく捻った覚えもないとの事。

しかし、痛いものは痛い。

何が原因なのか分からないと、治療が進められません。

これは接骨院の範疇ではないと考え、ある予想を添えて提携する病院に対診をお願いしました。

感染

結果は細菌感染。

ビンゴでした(笑)

蜂窩織炎と言われる感染症。

お相撲さんが時々掛かってしまう感染症です。

外出時にどこかで感染したようで、薬を処方してもらい快方したとの事で安心したのを憶えています。

いろいろな原因の痛み

ケガをした覚えがなくて痛みが出るケースは他にもあります。

痛風や糖尿病。

お腹や脇腹には帯状疱疹の時、強い痛みが出ます。

まとめ

このような感染症や内科疾患から来る痛みはかなり強く感じます。

慌てずに直ぐに医療機関を受診してください。

佐々木接骨院
治療のご予約はこちら。
電話番号 0532-39-7422  完全予約制
LINE@からでもご予約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。