こんにちは。

 

今日も蒸し暑い豊橋市です。

 

昨日偶然見ていた、ドラゴンズ対ジャイアンツ戦。

 

9回裏から見始めたら、あれよあれよとドラゴンズのサヨナラ勝ち!

思わず拍手してしまいました!

 

少し低迷してるけど、地元球団には頑張って欲しいですね。

 

 

姿勢の改善ってよく言いますよね。

 

背筋伸ばして、胸張って、顎引いて、お腹引き締めて。

 

これが理想です、なんて言われたりして。

 

でも、こんな姿勢なかなか続かないですよね。

 

これ、無理があるのに決まってるんです。

 

運動初心者がマラソン完走しよう!って思ったら、いきなり42,195キロ走って練習しますか?

ベンチプレス100キロ挙げたいって思って、マックス40キロの人がいきなり100キロに挑戦しますか?

 

姿勢も同じで、いきなりゴールを目指しても無理があるは当然です。

 

今の自分の姿勢は何かしらの要因、原因があり、脳が「これが一番楽」と判断した状態なのです。

 

なので良い姿勢をしても無理があると脳が判断し、良い姿勢がきつくなります。

 

 

では、良い姿勢を求めるにはどうしたら良いか?

 

今の自分の現状を把握、評価して、それに適した運動をする事です。

 

お尻の筋力が足りない、胸の筋肉が硬い、背中の筋力が弱い、など。

 

そう言った部分を改善していけば自ずと姿勢は良くなっていきます。

 

スポーツで有名な選手は、立っている姿もカッコいいですよね。

 

あの立ち姿は、良い姿勢を作ろう、と思っているのではなく、自身のパフォーマンスを上げようと日々努力した結果なのです。

 

姿勢を変えたい方は、まず自分が何をしたら良いかを知る必要があります。

 

適切な運動を続けていけば、必ず変わります。

 

姿勢改善などでご質問などありましたらこちらをどうぞ