脱臼

脱臼とは

いわゆる関節が外れてしまう事。骨と骨で構成される関節がどちらかの骨(通常は体から遠い方)が外力によって関節から逸脱してしまう状態です。

この時、関節が外れた事で関節を取り巻く靭帯、関節包などが著しく損傷されます。酷い場合は骨折を伴うケースもあります。

脱臼は整復したらそれで終わりと言うわけではなく、損傷された靭帯、関節包などの修復に時間を要します。

脱臼が癖になるケースがありますが、これは「習慣性脱臼」と言われ関節を取り巻く靭帯、関節包が伸びて支える力が弱くなり、少しの外力で外れてしまう事を言います。

症状

痛みが強く自分では動かせません。弾発性固定と言われ、無理に動かしても骨は関節に戻ることが出来ず、脱臼した肢位でとどまってしまいます。

腫れも顕著になり、靭帯や関節包、毛細血管の損傷を伴うため血腫が認められるようになります。

処置

整復が大前提になります。

整復はむやみに行うと組織の損傷を大きくしてしまうため、専門医に診てもらう事をお勧めします。

当院の治療

先ずは整復を行います。

脱臼の治療には医師の同意が必要なのですが、応急処置は認められています。
整復後、近隣の提携医に画像診断を依頼します。

その後の治療は医師の同意が得られたら、当院のハイチャージ、エレサスを使って治療する事で早期の回復が可能になります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0532-39-7422 受付時間 平日8:30~12:00 16:00~20:00
土曜8:30~14:00 休診日/日曜祝日
完全予約制 駐車場完備

LINE@

LINE@

こちらからでもご予約可能です。お問い合わせ、ご相談もこちらにどうぞ。
ID検索の場合は、@dju1316f で検索してくださいませ。

  • facebook

PAGETOP
Copyright © 佐々木接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.