野球肩

野球肩とは

腕を高く挙げて動作をする競技に見られる障害で、野球のオーバースローに限らず、テニス、バドミントン、バレーなどでも発症します。

オーバーユースも原因の一つですが、フォームなどにもその原因があります。

症状

肩関節を取り巻く靭帯、関節包といわれる膜、筋肉や腱、骨が損傷されます。

前側、上側、後ろ側などその損傷部位によって痛みの出る箇所が違ってきます。

損傷によっては上腕や肩甲骨辺りにまで痛みが及ぶこともあります。

処置

投球を中止し、肩への負担を軽減します。

痛みが強い場合はアイシングを行い、肩への負担を減らすため三角巾などで腕を吊っておきます。

就寝時は痛みのある肩を下にしないように、肩甲骨の下に厚手のタオルなどを置いて肩を少し浮かせた状態を作って眠るようにします。

当院の治療

先ずは患部の痛みや炎症をハイチャージエレサスを使って消失、改善させます。

野球肩になってしまうのは、体の使い方、筋力、柔軟性などが原因になります。

当院では関連する関節や筋肉の状態を細かくチェックし、正しいフォームで投げられ、再発させないためにパーソナルトレーニングも含めた治療、指導を行います。

お気軽にお問い合わせください TEL 0532-39-7422 受付時間 平日8:30~12:00 16:00~20:00
土曜8:30~14:00 休診日/日曜祝日
完全予約制 駐車場完備

LINE@

LINE@

こちらからでもご予約可能です。お問い合わせ、ご相談もこちらにどうぞ。
ID検索の場合は、@dju1316f で検索してくださいませ。

  • facebook

PAGETOP
Copyright © 佐々木接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.