こんにちは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

お昼にショッキングなニュースが舞い込んできました😞

 

武道館トレーニング料金が来年4月から値上げ…。

 

一回80円から200円へ。

年間定期も8000円から12000円へ。

 

あー、悲し。

 

気を取り直して、今日のブログをお伝えします。

 

足を組むの、皆さんされますか?

僕は極端に短くて太いので出来ませんが…。

 

足を組むことは体にとって良くないと言われます。

姿勢が悪くなる。

体が歪む。

バランスが偏る。

などなど。

 

今回は足を組むことの体に対する影響とその弊害についてお伝えします。

これを読めば、

「あたし、ヤバいかも!」

と思い直し、足を組むことを止められるかもしれません。

 

【知らぬ間に】

結構な時間、足を組んでそのままの方っていますよね。

人間の体は、瞬間的な力には抵抗し硬くなりますが、じわじわと緩い力で時間をかけての刺激にはゆっくりと反応して行く習性があります。

姿勢が正にそれで、長時間そのままでいると身体は変化しその姿勢に適応しようとします。

足を組んでいるとある所は引き伸ばされ、ある所は縮んでしまい、それが体のゆがみ、アンバランスを生んでしまいます。

 

足を組んでみましょう。

無理やりです💦

この形、何かに似てますよね?

そうです。

前回お伝えした中殿筋のストレッチです。

 

足を組んでいると、知らぬ間に中殿筋のストレッチを行っていると思ってもらって良いでしょう。

 

【中殿筋が弱くなると】

過剰なストレッチは筋力の発揮を弱めてしまいます。

昨今のウオーミングアップではダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)が推奨されていますね。

こんな姿勢を30分も続けていたら中殿筋はずっと伸ばされっぱなしになるわけです。

なので、いざ力を入れようとしても上手く収縮できません。

 

中殿筋が働かなくなると身体にいろんな弊害が出てきます。

①骨盤の左右の傾き。

②腰椎の左右への変位。

③肩の高さの左右差の出現。

他にも膝や股関節にも弊害が出てくる可能性があります。

 

 

【まとめ】

中殿筋の強化やエクササイズはまだいいので、まず組む癖のある方は少しずつ止めてみてはどうでしょうか?

地味な筋肉ですが、身体への影響はかなり大きいものがあります。

先ずはその癖を直して、バランス改善を行っていきましょう!