おはようございます。

5/31木曜日

 

雨が続いてますね~。

 

しかし、蒸し暑く感じる今日この頃。

もうすぐ梅雨入りと思うと、洗濯係としては憂鬱になります😞

 

中学生がこの時期、部活を頑張っていますね。

3年生は夏の全中予選に向けて練習に余念が無いところだと思います。

 

今回は比較的良くある足の障害についてお話します。

走っていて足のこの当たり、痛くなる事があります。

僕も高校生の時、酷く痛くなった時がありました。

歩くにも足を着けない、着けるとズキン!と強い痛みが走りました。

治るのに結構かかりました💦

では、何が痛くなっているのかというと、原因はこいつです。

種子骨障害と言って、種子骨と言うこの小さな骨が悪さをしています。

ランニングやジャンプ動作を頻回に繰り返していると、ここに負担が掛かり痛くなります。

では、ランニングやジャンプを沢山やると必ず痛くなるのか、と言うとそういうわけではありません。

その子のランニングフォーム、足の形や柔軟性、筋力などが影響します。

先日来院した子は、野球のスパイクの時だけ痛い、との事でした。

このようにシューズとの関係もあります。

 

痛くなった時の対処法ですが、

①まずはアイシングして患部を落ち着かせましょう。 アイシングのセオリーはアイシング1に対して休憩2。10分アイシングで20分休憩ぐらいを2~3セット行いましょう。

②患部を保護するパットを当てましょう。外からの刺激を緩和することで痛みはかなり軽減されます。 専門の治療院に行けば適切なパットを処方してくれます。

③足裏マッサージをしましょう。足の裏の足底筋膜と言われる部分が硬くなっている事があります。お風呂上りなどに自分で揉んでみましょう。

 

練習、試合、やりたいけど痛くてできない。

種子骨障害はキリキリ本当に辛いです。

でも、見た目大したことないので周りにはあまり理解されません。

それで周りを気にして無理をすると、種子骨が骨折するなんてことも。

種子骨障害は軽く見てはいけない障害なんです。

 

怪しいな?と思ったら決して無理をせず、適切な治療を受けて下さいね。