こんばんは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

甲子園が始まりましたね。

 

初戦で智辯和歌山が敗れる波乱が…。

 

乱打戦あり投手戦あり、そのどちらも競った試合が多い印象がする今大会です。

 

地元代表の愛産大三河の相手は横浜!

 

相手にとっては不足なし。

 

頑張ってもらいたいです!

 

【腹斜筋群とは】

今回は腰痛対策パーフェクトストレッチシリーズの第3回。

 

胸腰筋膜の第2層の中間層に繋がる内腹斜筋のストレッチです。

 

体を回したりする作用のこの筋肉。

 

腹斜筋は外側にある外腹斜筋と内側にある内腹斜筋がありますが、胸腰筋膜への繋がりを考えると内腹斜筋が重要になります。

 

ストレッチとしてはどちらかのやり方、と言うのは無く、同じやり方で内外両方にストレッチ効果があります。

 

 

【やり方】

①仰向けになり、片膝を立てる。

 

②反対側に倒していく。この時、立てた膝と同じ側の肩は浮かさないようにする。

③膝を手で押さえ、脇腹辺りを伸ばしていく。

 

 

【まとめ】

このストレッチは手で力を込めて膝を押さえようとすると、呼吸がおろそかになる事が多いです。

呼吸を止めず、ひと呼吸ごとに膝を押さえていくと良いでしょう。

 

 

次回の第4回は胸腰筋膜の第三層(最下層)に繋がる筋肉のストレッチをご紹介します。

三つあるうちのまずは一つ、腹横筋です。

 

お楽しみに!