こんにちは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

今日は涼しい日になりました。

 

このまま涼しくなってくれると、とても嬉しいです^^

 

 

【お風呂に入ると…】

お風呂に入ると身体が軽くなった、って言う方は沢山います。

その理由としては、汗を落としてさっぱりしたり、リラックス出来たりだとか。

肩こりなども少し軽くなったりしますよね?

今回は肩こりをもっと軽くさせるお風呂の入り方をご紹介します。

これを読んでもらえれば、あなたの肩こりもかなり軽減できると思います。

 

【湯船に浸かる】

やはり、湯船に浸かってリラックスするのがまずは必要となります。

夏ですが、少しぬるめのお湯にしてもらってでも入って欲しいですね。

自律神経のリラックス担当、副交感神経が優位になり心身ともにリラックスできます。

 

【腕の重み】

肩は何もしないでいても、腕を支えていなければいけません。

片腕だけでおよそ5キロほどの重み。

ずっと、この重さが肩に負担を掛けていると考えても良いでしょう。

なので、この重さを解消してあげるだけでもかなり楽になることが出来ます。

 

【やり方】

超簡単です。

気持ちいいな~、というかんじで浸かっている時に両腕をお風呂の縁にのせて下さい。

夏だから寒い事はないので、ゆったりガバッとやっちゃって下さい。

こうすることで、

①リラックスできる。

②腕の重みによる肩への負担が回避できる。

③肩こりの部分の筋肉が縮むことで緩み、血行が良くなる。

となります。

 

【まとめ】

日常の中でリラックスできる時間は大変貴重です。

こんなことで、その貴重な時間をさらに有効なものにしてみてくださいね!