どうも。

院長の佐々木です。

首、肩のコリに対するストレッチはいろいろありますね。

首を傾けたり、肩甲骨を動かしたり、猫背になったり、胸を張ったり。

どれも有効なものですが、今回は普段の生活の姿勢を鑑みて、そこから考えられるストレッチをご紹介しようと思います。

肩こり、首こりの方に共通する姿勢は、デスクワークなどによる手を前に出し、顎を突き出して肩甲骨を広げた背中の丸まった姿勢です。

この姿勢が悪いというわけではないのです。

仕事をする上では最適な姿勢であり、こうしなければ仕事が完遂出来ない、集中できない、その人にとってはとても適した姿勢です。

背筋を伸ばして、姿勢を良くしてパソコンワークをしてください、と言われる事もあるかと思いますが、見た目は綺麗でも姿勢を気にするあまり仕事の効率を落としてしまったり、集中力が落ちてしまっては元も子もありません。

背中を丸めたこの姿勢に偏ってしまっていることが、不具合としてとして体に現れてくるのです。

この偏りを解消するためにこんなストレッチをご紹介します。

この丸まりは手の指から始まり、前腕、上腕、肩、胸、背中、首、と連鎖していきます。

背筋ピーンが良いわけではありません。

この丸まりを開放させて、偏り過ぎた状態をニュートラルな状態(どちらにも行ける状態)にするのが理想です。

偏りが強い方は結構な痛みを感じると思いますが、是非一度やってみて下さい。

佐々木接骨院
治療のご予約はこちら。
電話番号 0532-39-7422  完全予約制
LINE@からでもご予約できます。