こんにちは。

 

今日は雷雨が心配される豊橋市です。

 

昨日は長女が真っ赤な顔をして学校から帰って来たようです。

 

腹痛を訴えかなりぐったりした様子でした。

 

今朝も少し辛そうなので今日はお休み。

 

ちょっと熱中症っぽいですね。

 

片道20分かけて歩く通学路は、一年生にとって少し辛いかもしれません。

 

これからもっと暑くなるので、体調管理は怠らないようにしたいと思います。

 

一昨日、長男が院にやって来ました。

 

「パパ、ここが痛いんだけど診てくれない?」

 

アキレス腱あたりが気になるようです。

 

押すと少し痛く、つま先立ち、軽いジャンプで痛みが出ます。

 

「アキレス腱が炎症を起こしてるね」

 

4年生になり学校の部活に参加するようになった長男。

 

彼が選んだのはバスケットボール部。

 

練習のある日は楽しくやっているようですが、日曜日のラグビースクールの練習と合わせて少しオーバーワークになっていたように思います。

 

体重も関係していると思いますが💦

 

「部活が始まって練習頑張ってやってるでしょ、ジャンプとかいっぱい走ったりして。だからこのアキレス腱の部分が炎症を起こしちゃってるんだよ」

 

「えんしょうって何?」

 

ハッと思いました。

 

今まで患者さんに向けて、何気なく使っていた「炎症」と言う言葉。

 

これ、患者さんに説明するには便利な言葉なんです。

 

何となく悪いんだ、と言うニュアンスを感じさせる、施術する側にとっては簡単で都合のいい言葉。

 

こんな事を気づかせてくれた長男にはとても感謝しています。

 

そこで改めて、小学校4年生でも分かるように説明させてもらいました。

 

「バスケットやラグビーで沢山動くことで、このアキレス腱の部分にとても小さな傷が出来てしまうのね。その傷を治そうとして、まず痛くなって、ここはも動かさないでねって教えてくれるんだよ。」

 

「ふ~ん」

 

「それで、傷を治すためにちょっと腫れたり、赤くなったり、熱くなったりするんだよ。それを全部ひっくるめて炎症って言うんだ。」

 

「じゃあ、いっくんが蚊に刺されてボコッと腫れるのもそう?」

 

「そう!そう! あれは蚊に刺されたことで悪いものが体に入っちゃったから、それをやっつけるために体が戦っているんだよ」

 

「ふ~ん、そうなんだ~」

 

「だから、炎症は体に悪い事じゃないんだ。でも、強すぎるのも良くないから治療するね」

 

「うん!」

 

 

もう少し分かり易く説明したかったですが、納得してくれたみたいです。

 

こちらが患者さんに何となく伝えている言葉も、分かりずらい時があったように思います。

 

これからはもっと噛み砕いて、分かり易く伝える事を心掛けていきます。

 

長男に感謝です!

 

何かご褒美…かな(笑)