こんばんは。

 

豊橋市札木町、佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

今日も蒸し暑い一日でした。

 

各地で熱中症による被害が多数報告されています。

 

日曜日は子供のラグビースクールの試合で岡崎まで行ってきました。

 

会場は日陰がほとんど無いグラウンドです。

 

決して無理をさせず、こまめに水分、休憩を摂りながら合計3試合を行いました。

 

試合は1勝2敗。

 

暑さで倒れる子も出ず、世話係の僕もホッとしました。

 

子供は自分の体調をあまり把握できないで、知らぬ間に体調不良に陥ってしまう事があります。

 

周りの大人が注意深く観察し、少しの変化も見逃さないようにしていかなければと思います。

 

 

その前の土曜日は、海陽学園アメリカンフットボール部のトレーニングセッション。

 

今回は、

この立派なスクワットラックを使ったスクワットです。

 

指導するポイントも多く、間違ったフォームで行っていることも多いスクワット。

 

今回もNSCAの指導を基本としたお話をさせて頂きました。

 

ウエイトトレーニングをやり始めると、どうしても重いウエイトを扱いたくなります。

 

力がついた自分をもっと向上させよう、と言う気持ちはとても素晴らしいと思います。

 

でも、無理な重さはどうしてもケガに繋がりやすい。

 

今回のスクワットでも、腰、膝などは常にその危険性をはらんでいます。

 

なので、今回のセッションで特に強調して伝えたことは、

 

「スクワットは重さでなく、深さで鍛えるように」

 

正確なフォームで鍛える事はトレーニングにおいては大前提。

 

正確なフォームが出来たうえで重さを求めるように、と伝えました。

 

居残りでトレーニングしたり、セッション終了後に質問にくる子もチラホラ。

 

だいぶ意識が高まってきました。

 

そんな彼らの気持ちに応えられるように、これからも精進していきます!

 

トレーニング指導、パーソナルトレーニング、ボディメイク、ダイエット、スポーツパフォーマンスアップをご希望の方はこちらをどうぞ。