こんばんは。

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

今日は涼しい豊橋市でした。

 

今は高校は文化祭シーズンなんですね。

 

各学校、趣向を凝らして盛り上がるみたいです。

今年はどこか子供とのぞきに行こうか思案中。

 

先日、手首を打撲した患者さんがいらっしゃいました。

テニスで転倒した際に手をついて受傷したとの事。

整形でシップ渡されて終わり、週末のゴルフコンペに間に合わせたいとの事で来院されました。

 

【様子を見る】

レントゲンは異常なし。

シップ貼って様子見。

こういった場合も当院では患部に積極的に治療していきます。

特殊な治療器を使った、また特殊な治療法で早期回復を目指していきます。

 

【治療後】

治療後に動かしてもらうと、痛みが軽減されだいぶ楽になった様子でした。

出来なかった動きが出来るようになるって嬉しいですよね。

患者さんも喜んで頂けました。

 

【結果】

二回の治療でプレー可能まで回復し、先日の日曜日に無事コンペに出場。

今日、来院され、

「悔しい!二位だった!」

との事でした(笑)

プレー後よりも今日の方が少し痛むとの事。

しっかりアフターケア、治療をさせて頂きました。

 

【まとめ】

当院では、打撲や捻挫、肉離れなどに対しては安静にして様子を見るような期間は設けずに、受傷直後から積極的に治療していきます。

早期回復を可能にし、諦めていた試合、発表会、コンテストに出ることが可能になります。

シップで安静にと言われたら一度当院にご相談下さい。