こんにちは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

台風の影響で雨風共に強い豊橋市です。

 

明日の大阪でのアメフトの試合は中止になりました。

 

外出は極力避けた方が良さそうです。

お出かけになる方は十分気をつけてくださいね。

 

今日は強い肩こりによる痛みの解消法についてお話ししたいと思います。

とても簡単な方法ですので是非お試しください。

 

【強いマッサージは厳禁】

肩こりが強い人は揉んで欲しいって思いますよね。

「そこ~~」ってな感じでグイ~と押さえられると、とても気持ちが良いものです。

しかし、そのコリをつぶすような感じでグイグイ押してしまうと、やられている時は痛気持ちいい感じがするのですが、これは逆効果になってしまいます。

 

体は皮膚の下にあるファシアと言われる結合組織で体全体を覆っています。

皮膚を含めてウエットスーツのように体を包んでいるのです。

コリと感じ取れる硬さやグリグリは、筋肉ではなくこのファシアによるものです。

 

このファシアは強く押すと逆に硬くなる習性があります。

硬くなったファシアは更に強い刺激を求め、マッサージドランカー(マッサージ中毒者)が出来上がってしまいます。

 

【硬くなってしまった原因】

硬くなってしまった原因。

動かさないのが一番の原因ですね。

 

デスクワーク、家事、勉強など。

ほとんどが手を降ろした状態での作業です。

これでは首から肩への僧帽筋が引き伸ばされたままになり、そこで固まってしまいます。

ファシアにも同様な事が言えます。

伸びて固まってしまったものは、縮んで緩める必要があります。

そこで、こんな運動をご提案します。

 

【バンザイ】

手を上げましょう(笑)

こうすることで僧帽筋は縮こまり、緩んでくれます。

ファシアも緩むことで組織に新しい水分が流れ込み、フレッシュな状態に戻ってくれます。

 

①仰向けに寝て

②手を上げて

③30秒~1分

 

これを3~5回です。

 

【まとめ】

とても簡単な運動なので、寝る前などに毎日やってみてください。

いつの間にかグリグリが無くなっていると思いますよ。