ブログをお読みになって頂き、ありがとうございます。

佐々木接骨院、院長の佐々木です。

今日は腰痛のお話をしたいと思います。

腰痛になってしまう原因として、普段どのような姿勢をしているかが良く問われます。

そんな腰痛になりやすい姿勢として比較的多いのが反り腰の姿勢。

みぞおちを突き出して、でっ尻になってしまう状態ですね。

これって見た目は背中も伸びて胸を張って良い姿勢に見えるのですが、腰が必要以上に反ってしまうため、腰の筋肉に常に力が入ってる状態なんですね。
腰の骨は首、胸と同じように、同じような形の骨が積み重なっているのですが、その積み重なった骨同士が反り腰によって過剰に重なり合ってしまうのも腰痛の原因になります。

言うなれば、筋肉が縮んで骨が重なり合う、とても窮屈な状態。

こんな状態でもこれからお話するストレッチをやって頂くと、案外楽に改善出来ますので、どうぞチャレンジしてみて下さい。

動画でもお話していますので、どうぞ最後までお読みくださいませ^^

自分の反り腰チェック法

反り腰が腰痛の原因になりやすいと言っても、自分が当てはまるかどうかわからなければ、あまりピンと来ないですよね。

反り腰のチェック法はとても簡単に出来るので、是非やってみて自分が反り腰かどうか確認してもらえたらと思います。

やり方は、

①仰向けに両足を伸ばして寝る。

②自分の腰の下に両手を入れる。

③腰の下に大きく隙間が開いていたら反り腰。手が入らないようならOK。

どうですか? 意外と簡単にできますよね。

パッカパカに開いてしまっている方は要注意です。

しかし、ご安心ください。

こんなストレッチをする事で、反り腰が改善出来ますよ。

反り腰の改善ストレッチはここを伸ばす

腰のストレッチだから腰を伸ばすと考えがちですが、反り腰を改善するにはここを伸ばすと効果的です。

太ももの前の部分です。

太ももの前は大きく四つの筋肉に分かれているのですが、その中で一番大きくて長い大腿直筋と言う筋肉は、このように骨盤から始まっているんです。

なので大腿直筋が硬く緊張してしまうと骨盤を前に引っ張ってしまい、その結果骨盤が前傾して反り腰になってしまいます。

大腿直筋を伸ばしてあげる事で、骨盤の前傾が緩やかになり反り腰が改善されます。

大腿直筋のストレッチ方法

それでは大腿直筋のストレッチ方法です。
動画でお話していますので、どうぞご覧くださいませ~^^

ポイントは骨盤です。

まとめ

反り腰チェックで当てはまった方は、今日からこのストレッチを行って腰痛を防いでくださいねー^^

今回もお読みいただきありがとうございました。

治療のご予約はこちら。
電話番号 0532-39-7422  完全予約制
LINE@からでもご予約できます。