こんばんは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

今日も秋らしい、気持ちの良い天気になりました。

高校生は修学旅行シーズン。

僕らの頃はスキー合宿が流行り。

スキー初体験だった僕は、最初は嫌々ながら最終日は楽しく滑っていたのを思い出します。

今では結構いいところに行けますね。

海外なんて羨ましいです^^

 

【サインその2】

今日は前回に引き続き、腰痛を知らせてくれる体からのサインについてお話します。

今回は上半身に関するお話です。

 

【背中が思い】

肩甲骨周りやその下辺り。

この辺が重く、硬くなっているようなら要注意です。

背中が丸まり、背中から腰の筋肉が、伸びた状態で固まってしまっている可能性があります。

 

【僧帽筋、広背筋】

このツートップが疲労が蓄積して、十分な機能を果たせていない可能性があります。

二つで背中の表面のほとんどを占めます。

デスクワークや家事、内職などで長時間背中を丸めた姿勢を取っていると、伸ばされた状態で固まってしまいます。

 

【浅い呼吸】

背中が丸まった状態だと呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、横隔膜が働くなります。

横隔膜は姿勢の維持にも関与しているのですが、緩んでいると背骨を前の部分で支える筋肉が無くなり、更に丸まりを助長してしまいます。

 

【まとめ】

「背中が重い、硬い」

と感じたら要注意です。

気になったらすぐに、大きく胸とお腹を膨らませた状態で深呼吸をしましょう。

仰向けでバンザイをして寝るのも良いですよ。