こんばんは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

今日は清々しい朝の豊橋市でした。

 

お昼は久しぶりのトレーニングへ。

 

ジム仲間のおじいちゃんから今度はこんな相談を受けました。

 

【股関節】

「先生、今度はここが痛いだ」

左の股関節の前をを触ってます。

どうやら左の腰骨あたりが痛いようです。

その腰骨あたりを解剖図でみるとこのようになっています。

 

太ももの前の筋肉がこの辺りから始まっている様子が分かると思います。

 

【太もも前の筋肉】

この太もも前の筋肉は大腿四頭筋と言われ、文字通り四つの筋肉が集まっています。

①大腿直筋

②内側広筋

③中間広筋

➃外側広筋

この四つの筋肉が股関節前面の痛みの原因として多く考えられます。

 

【先ずはストレッチ】

「この太ももの前が影響してると思うから、ここのストレッチやってみて」

とお話しました。

ストレッチ方法はいくつかありますが、一番簡単なのはこれ。

 

立ってやらなくても横向きに寝そべって、上になった側の足首を掴んでもらえば同じ効果が得られます。

 

【まとめ】

股関節の前側が痛いと言っても、そこをグリグリ押していては治るものも治りません。

その部分に関係する筋肉などを考慮すると、効果的なケアが出来ます。

先ずはお試しください。