こんばんは。

 

今日は晴れて洗濯がはかどって気分がいい院長の佐々木です。

 

今日はお昼にジムワーク。

夏を前に一番賑やかくなるこの時期。

いろんな人が頑張ってます。

 

いつも顔を合わす、おじいさん。

以前、腕の筋肉が切れて相談を受けましたが、

今では元気に20キロのダンベルでアームカールしてます。

 

いつも、ストレッチしてウオーミングアップ。

「先生、しばらくやらんかったら、凄い硬くなっちゃっただよ。これ戻るかね?」

と相談を受けました。

「○○さん、大丈夫ですよ。続けていればまた戻りますよ。」

「筋肉ってね…」

プチ筋肉講習会を開かせてもらいました。

 

「○○さん、筋肉ってね、びよーんとゴムみたいに伸びる訳じゃないんですよ。」

おじいさんA「じゃぁ、何で柔らかくなる?頭が着くようになる?」

開脚でのストレッチの姿勢です。

「筋肉の長さが変わるんです。」

おじいさんA「それ、どういうこと?」

「ストレッチをしていくと柔らかくなると言うよりも、筋肉自体の長さが長くなっていくんです。」

おじいさんB「ほお~」

「筋肉の一番小さい筋節っていう部分が、ストレッチをすることで増えていくんです。」

おじいさんB「ストレッチで?」

「そう。それで筋肉の長さ自体が長くなるんです。それで身体がよく曲がったり、反らせたり出来るようになって、柔らかくなったって感じるんです。」

おじさんA「え?じゃあ、止めちゃうと短くなる?」

「そう。そのまま動かさないでおくと、筋節は減っていきます。それで体が硬くなると感じるんですよ。」

おじいさんA「じやあ、止めちゃダメっていう事だね。」

「そうですね。筋トレでもなんでも続けないと意味がないですね。」

 

しっかり続ければ体は必ず変わりますよ。

静的なストレッチは決して無理せず、ゆっくり気持ちよく伸ばしていきましょう。

 

ストレッチも含めたパーソナルトレーニングをご希望の方はこちらをどうぞ。