シンスプリント

  • HOME »
  • シンスプリント

シンスプリントとは

過度なランニングやジャンプなどによって脛の内側に沿って強い痛みが出る症状です。

オーバーユースが一番の原因ですが、偏平足や回内足などの足の形状の問題から、ふくらはぎの筋肉の柔軟性の欠如や足首の可動域制限、股関節の筋力低下も考えられます。

痛みのある部分の骨に付いている筋肉が過度に牽引することで骨膜の炎症を引き起こすものです。

症状

脛の内側に沿ってランニングやジャンプで強い痛みを感じます。腫れがあり、触ってみると強い圧痛を伴います。

骨膜の炎症が強く続くと疲労骨折に繋がってしまいます。過度な痛みがなかなか治まらない場合はレントゲン検査で骨の変化を確認したほうが良いでしょう。

処置

直ちにランニングやジャンプの強度を落とします。アイシングで炎症を抑えて痛みの無い範囲でふくらはぎの筋肉のストレッチを行います。

当院の治療

ハイチャージエレサスを使用して患部の腫れ、痛みを軽減消失させます。特にエレサスは骨膜の痛みに対しては効果が高く、即効性が認められます。

患部を中心とした施術、ふくらはぎのストレッチを行い、原因と考えられる股関節の筋力低下も改善していきます。

テーピングで偏平足や回内足を矯正し、日常生活でも負担が掛からないようにコントロールする事で早期の回復が可能になります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0532-39-7422 受付時間 平日8:30~12:00 16:00~20:00
土曜8:30~14:00 休診日/日曜祝日
完全予約制 駐車場完備

LINE@

LINE@

こちらからでもご予約可能です。お問い合わせ、ご相談もこちらにどうぞ。
ID検索の場合は、@dju1316f で検索してくださいませ。

  • facebook

PAGETOP
Copyright © 佐々木接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.