おはようございます。

 

今日は晴れ間がのぞいた豊橋市です。

 

皆さん、靴を履いていて、

 

「ちょっと靴の中で足が安定しないな」 

「この辺りが長く歩くと痛くなる」 

 

なんてこと、ないでしょうか?

 

普段に履く靴との相性って大切ですよね。

やはり、しっかり自分に合った靴を選び、正しい履き方をして足の負担を減らして快適に歩きたいですよね。

 

今日は靴を今まで以上にフィットさせる簡単な方法をご紹介します。

 

これを実践してもらい、あなたの普段のウオーキングやスポーツでのパフォーマンスアップに少なからず貢献出来たらとても嬉しいです。

 

【最後の穴】

レーシングシューズやウオーキングシューズには殆どのものに、一番上に少し向きの違う靴紐の穴が空いています。


この穴、僕も昔は紐を通すことはありませんでした。

別段気にすることもなく履いていたのですが、この穴には大きな意味があったのです!

この穴を利用することでシューズのフィット感が格段に上がります。

 

【紐の通し方】

この穴には特別なやり方で紐を通していきます。

それまでの穴とは全く違った方法を用います。

まずはここまで来たら、

このように反対側に行かず、同じ側の穴に通して輪っかを作ります。

そして、この輪っかを目掛けてお互いの紐を輪っかの中に通していきます。

 

それからギュッと引っ張ると、今まで以上にしっかりと締まりフィット感が増します。

 

【気をつけたい踵の位置】

しかし、かなり強く縛ることが出来るため、足が靴の中で適切でない位置で縛ってしまうと足の障害の要因になってしまいます。

なのでまず、紐を縛る際に必ずシューズ内の踵の位置を靴のヒール部分に合わせることをお勧めします。

履いて2,3回踵をトントンと床に打ちつけて、踵がしっかりフィットするように調整します。

ヒール部分がしっかりしているのが良いシューズの条件と言われる所以です。

良いシューズの選び方はこちらの過去ブログからどうぞ。

 

 

こんな事ですが、見事に履き心地が変わります。

 

シューズを自分の足のように使いこなせれば、あなたのウオーキングやスポーツなどで大きな味方になってくれます。

 

是非、試してくださいね!