こんばんは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

最近、子供にせがまれてハゼ釣りに行ってます。

僕も子供の頃はよく行ったハゼ釣り。

釣れた時は興奮して、思わず童心に返ってしまいますね。

釣って面白くて、食べておいしいハゼ釣り。

餌も先日はボイルのホタテ。

コスパが高い遊びです^^

 

 

【あっ!!と思ったら疑う】

アキレス腱断裂。

過去に新鮮例を二度程経験しました。

痛くないけど力が入らない。

石がぶつかった?

誰かに蹴られた?

受傷された方はこんな事を言われる方が多いです。

現場での一番の診断方法はトンプソンサイン。

ふくらはぎをつまんで、足首が動かなかったら逝っちゃってます💦

このアキレス腱断裂は30代、40代の方は非常に注意が必要です。

なまじ結構動ける年代だから、無理をすると腱がついて行かずに切れてしまうんですね。

 

アキレス腱断裂は初期治療、受傷直後の処置が大変重要になります。

 

【近づける】

切れたものはくっつけたい。

なのでくっ付きやすくしなければなりません。

それには切れた両端を近づける事が必要になります。

アキレス腱は足首の後方にあります。

足首の動きでくっ付きやすい形で固定する必要があります。

 

【固定方法】

①足首をピンと伸ばす。

②とりあえずこの形で動かないようにする。(緊急の場合、包帯、タオル、テープ、添え木、何でも良い)

③アキレス腱断裂は歩くことは可能だが、出血を抑えるためにも足をつかないようにする。

 

【治療】

治療に関しては、保存療法、手術の選択がありますが、どちらも一長一短があります。

自分の状況を鑑みて慎重に決定するのが良いでしょう。

 

【まとめ】

以前、アキレス腱断裂に立ち会った時、とりあえず救急に行って帰ってきたら思いっきりL字に足首が固定されて帰って来たので、速攻でピンピンにやり直した経験があります。

アキレス腱断裂は処置をしっかり行えば、予後は悪くない怪我です。

あっ!!と思ったら慌てずに対処してもらえたらと思います。