おはようございます!

今日は快晴ですね!

今日から夜店が始まりますね~。

初日はいつも大変な賑わいになるので、お出かけの方は気をつけて行ってきてくださいね。

 

 

今日はめまいのお話です。

アメリカンフットボールで何度も脳震盪にあったせいか、今でも時々眩暈に襲われる事があります。

僕の母親も眩暈持ち。 朝クラクラして起き上がれない事もあります。

めまいにも種類がありますが、今日はそんなクラクラする回転性めまいについてお話します。

 

正式には良性発作性頭位眩暈症(長ったらしい…)と言われ、耳石が三半規管をフラフラ浮遊する事によってその症状が引き起こされます。

メカニズムとしては耳石が元々あった場所から剥がれ落ち、三半規管内に入り込みます。三半規管内は液体で満たされているのですが、耳石が浮遊する事でいつもと違う液体の揺れとなり、脳はその違いに錯覚を起こし、立っていてもグルグル目が回っている状態になります。

この場合、単純にフラフラしているこの耳石を元の場所にもどしてやれば、眩暈は綺麗に収まってくれます。

対処法としてはエプリー法というのが一番一般的で効果も高い方法です。

やり方は簡単なので是非、お試しください。

 

①まずはどちらの耳石がフラフラしているか特定します。横向きに寝てめまいが強く出る方が陽性の場合が多いので、これである程度特定出来ます。

②まずは長座で座り、めまいが強く出た方向に45度ほど振り向きます。

③次にこのまま仰向けに寝ていきます。大きめの枕を肩あたりに当て、首が少し伸展するくらいにします。

④次に反対向きにまた45度振り向きます。

⑤次はそのまま振り向いた同じ方向に横向きに寝ます。この時は45度を保ったままにします。

⑥そのままゆっくり起き上がります。

それぞれの姿勢を30秒~60秒保持し、これを3回繰り返します。

分かり易い動画があったので貼っておきます。

これをすることで、かなりの確率で回転性めまいは改善されます。

しかし、改善後すぐに元の生活に戻ってしまうと再発する可能性も高いので、2,3日は安静にするようにしましょう。

眩暈はなかなか改善せず、長く付き合っている方も多いですよね。

フラフラ遊びまわっている耳石君は早く家に帰ってもらいましょう(笑)

 

当院でのめまい治療をご希望の方はこちらをどうぞ。