こんばんは。

 

豊橋市札木町の佐々木接骨院、院長の佐々木です。

 

今日は水曜日。

周りのお店は水曜休みの所が多く、少し人通りも少なくなる札木町界隈です。

 

当院には肩こりの患者さんも来院されています。

 

酷い肩こりは頭痛や吐き気なども催し、とても辛いですよね。

 

当院では肩こりをしっかりと治すために、こんな治療をしています。

 

【自律神経】

まず、肩こりや痛みがある人は、この自律神経の交感神経(興奮担当)が強く働いています。

筋肉の硬さが問題ではありません。

実際に肩が凝っている、いわゆる硬い人でも肩こりと感じていない人は沢山います。

その状態を脳がどう感じるのかは、自律神経の働きが関わってくるのです。

この自律神経に働きかけることで、リラックス担当の副交感神経を優位にして肩こりを改善します。

マッサージで柔らかくなったから、肩こりが改善するわけではありません。

マッサージで気持ちよくなり、副交感神経が働くようになったので、少し楽になるのです。

 

【星状神経節】

交感神経の中継地点みたいなものが、首のあたりにあります。これを星状神経節といいます。

ペインクリニックなどではここに注射をして、自律神経による痛みを軽減します。

星状神経節ブロックと言われるこの注射は、故田中角栄首相が顔面神経麻痺になった時にこの注射を受けたことにより改善して有名になりました。

以来、レーザーや針などのアプローチが広まり、今では花粉症や自律神経失調症などでも治療ターゲットとなっています。

当院では、微弱電流治療器による通電をすることで、高い効果をあげています。

 

【脳】

自律神経の最高中枢は脳にあります。

視床下部と言われる部分。

ここにも通電を行っていきます。

中枢に働きかけることにより、高いリラックス効果が得られ、通電中は眠ってしまう患者さんも多くいらっしゃいます。

 

【まとめ】

デスクワークや美容師さん、トリマーさん、コックさんなど、長時間に渡って肩への負担をかけているお仕事の方は、肩に乳酸が溜まる事により筋肉が錆びついてしまいます。

こういった場合は肩への直接的な治療も必要です。

しかし、何もやっていないのに肩がこる、という方は自律神経が影響しています。

脳は自分では感じない、認識していないものでもストレスと感じ取っています。

そんな脳のストレスフルな状態を、肩こりと言う症状で教えてくれていると言い換える事も出来ます。

何もやっていないのに肩がこるとお悩みの方、一度ご相談下さいね。